有機ELテレビとは

有機ELテレビとは

有機ELテレビとは、電圧をかけると発光する性質を持った材料を、ディスプレイに使ったテレビのことをいいます。

この発光する材料には、ジアミン、アントラセンという有機物が使われているので、「有機EL」という名前が付いていて、別名「有機エレクトロ・ルミネッセンス」とも呼ばれています。

有機ELテレビで使われている有機物は、電圧をかけると有機物そのものが発光(自発光ディバイス)するので、テレビのディスプレイを非常に、薄くすることができます。

従来の液晶テレビでは、画像を表示するディスプレイが前面にあり、発光部分が後ろにあるバックライト方式のため、有機ELテレビのように薄くするには、限界がありました。
*参考 →液晶の仕組み

またプラズマテレビでも、ディスプレイの後ろに放電スペースや、蛍光体を配置する必要があり、液晶テレビと同様に、ある程度の厚みが必要になります。
*参考 →プラズマの仕組み

しかし、有機ELテレビは、自発光のためバックライトや放電スペースが全く不要になるため、ディスプレイの厚みを3〜4ミリ程度まで、薄くできるのです。

その他にも、有機ELテレビには、

・コントラスト比が高く、画像がクリアで発色も良い
・応答速度が速いので、動画も滑らかに表示される
・消費電力が少ない
・プラスチックなどで、ディスプレイ本体を作ることができるので、
 曲面で使用したり、折り曲げ可能なテレビやディスプレイもできる


などのメリットがあります。


有機ELテレビの開発を始めた10数年前は、有機物の寿命が短く、長時間使用できないとか、ディスプレイをテレビの大きさにするのは、なかなか難しかったのですが、最近ではその問題もほぼ解決されてきました。

そして、ついに今年の12月1日に、ソニーから有機ELテレビが、発売されることになりました。

表示画面のサイズは、まだ11インチと小ぶりですが、有機ELを使った世界初の、実用的なテレビの登場です。




有機ELテレビ・ナビ <前ページ|次ページ> 有機ELの仕組み
有機ELテレビ・ナビ
有機ELテレビとは
有機ELの仕組み
液晶の仕組み
プラズマの仕組み
有機ELテレビのメリット
有機ELテレビのデメリット
テレビの画面サイズ
テレビの比較
テレビ選びのポイント
有機ELの今後
ソニー有機ELテレビ
有機ELテレビ関連サイト

検索エンジンリンク集1
相互リンク集1
リンクについて
このサイトについて
Copyrights(c)2007 有機ELテレビ・ナビ All Rights Reserved