テレビの比較

テレビの比較一覧

有機EL、液晶、プラズマ、3種類のテレビの特徴を、わかりやすく比較できるよう表にしました。

<テレビの比較>
有機ELテレビ 液晶テレビ プラズマテレビ
薄さ
コンパクトさ
画質 △ or ○
(機種による)
応答速度 △ or ○
(機種による)
寿命 現在 ×
将来 ○
画面サイズ 現在 ×
将来 ◎
価格 現在 ×
将来 ○、◎
○ or △
(機種による)
曲げ加工
特殊用途
現在 ○
将来 ◎
×
(機種による)
消費電力
(省エネ)
○ or △

*応答速度とは、画像の切替えにかかる時間ことで、これが早いほどレスポンスがよく、スポーツなどの動画再生が滑らかになります。

*寿命は、有機ELテレビで約1.5〜3万時間、液晶テレビで約6万時間、プラズマテレビで約10万時間です。



有機ELテレビ

有機ELテレビは、ようやく販売段階になったばかりで、まだ価格、寿命、画面サイズの大きさで難点があります。

特に画面サイズを、現在主流の大型サイズにするには、さらなる技術開発が必要になっています。
ここ数年は、中小サイズのテレビのシェアが中心と、予想されています。

しかし、ディスプレイの構造は、液晶テレビやプラズマテレビと比較して、とてもシンプルなので、今後、大量生産が進めば価格も下がり、かなり購入しやすくなるでしょう。

有機ELテレビはやはり、画質のよさとディスプレイの薄さが特徴で、これは液晶やプラズマでは、実現できないことです。

今のところ、画面サイズが小さいながらも、十分に楽しめるテレビと、いえるのではないでしょうか。

*参考 →有機ELの仕組み



液晶テレビ

液晶テレビは、世界中の企業による激しい競争で、品質、価格ともにかなり満足できるレベルになっています。

大型テレビといえば、ほとんどの方が液晶テレビを思い浮かべるほど、普及が進んでいます。しばらくは、大型液晶テレビの時代が続くでしょう。

ただ液晶テレビの場合は、画像を表示するためにバックライトが必要で、テレビを薄くするのにも、ある程度の限界があります。

また、画質の点から見ても有機ELテレビと比較すると、色彩の再現力や影の表現が、十分でない点があります。

例えば、金属の反射光や、映画でよくでてくる陰影のある、暗いシーンでの表示は、はっきりした違いがわかります。
その他、ゲームやスポーツなどの動画再生にも少し難点があります。

*参考 →液晶の仕組み



プラズマテレビ

最近のプラズマテレビは、液晶テレビに押され気味で、少々元気がないのですが、映像を表示する性能は、液晶テレビを上回っているといえます。例えば、応答速度(動画再生)や色の再現力、視野角などです。

ただし、プラズマテレビの場合も、映像を表示させるために放電スペースや、蛍光体を配置する必要があります。

このため、テレビ本体を薄くするには限界があり、有機ELのように曲面のディスプレイを作るなどの、特殊な加工はできません。

また、有機ELテレビや液晶テレビと比較すると、消費電力が20%〜40%ほど多くなるデメリットがあります。

*参考 →プラズマの仕組み




テレビの画面サイズ <前ページ|次ページ> テレビ選びのポイント
有機ELテレビ・ナビ
有機ELテレビとは
有機ELの仕組み
液晶の仕組み
プラズマの仕組み
有機ELテレビのメリット
有機ELテレビのデメリット
テレビの画面サイズ
テレビの比較
テレビ選びのポイント
有機ELの今後
ソニー有機ELテレビ
有機ELテレビ関連サイト

検索エンジンリンク集1
相互リンク集1
リンクについて
このサイトについて
Copyrights(c)2007 有機ELテレビ・ナビ All Rights Reserved